6月定例ミーティング~お産が楽しみになる出産の知識

MOMCREWスタッフ徳井です。

昨日は6月のクルー定例ミーティングの日。

20170601i

今回の講師はつくばで出産ドゥーラをされている萩野文(はぎのあや)さん。
妊婦さんもプレパパも、産後ドゥーラも知っていて絶対損はない!
そんな内容の、出産に関する講義でした。
クルーをはじめ、経産婦の私も含め、出産あるあるの実例を
たっぷり盛り込んだお話の楽しかったこと!(笑)
「へぇ~~!」「そうそう!」
「知っていたらもっと違うお産になってたかもなぁ」
と思わずにいられない。。

20170601j

20170601p

初産婦さんにとっては未知の痛み、「陣痛」。
経験者からは一様に「痛いよ~!」と脅されて(もちろんそんなつもりで
言われてはいないのだけど)

びくびくしながら、緊張しながら‥

そして突然、迎える陣痛。
「はい、リラックスして!」 なんていうほうが無理ですよね。

 

あやさんはその陣痛をまずは「歓迎される痛み」と表現されます。
赤ちゃんが出てくるという、子宮収縮の合図。
上手に呼吸したり、体勢を変えたり、
痛みと痛みの間(間欠期というそうです)にうまく休んで気分転換したり。
ちょっとしたことで、すごく楽になるそうです。
もちろん、周りのフォローもどんどん使って。

 

促進剤に頼らなくても、母の体は、自然にホルモンの力で
間欠期に鎮痛・鎮静させて、また次の痛みへの準備ができる。

 

促進剤には子宮収縮の作用はあっても、身体と心を休めるための
鎮痛のホルモン作用はないのだそう。
初めて知る知識でした。

と、同時に母の身体の仕組み、ホルモンってすごい!と思いました。

20170601q

 

他にも、骨盤模型と赤ちゃんの人形を使って、赤ちゃんが
子宮から産道に降りてくる様子をポイント解説しながら
デモンストレーションして見せてくださり、
講義の最後はその骨盤と赤ちゃんをみんなで触りまくり!(笑)

 

最後には、つきそいのパパの心得ポイントまで、ちゃんと教えてくださるという。
産後ドゥーラの立場であれば、産後プランニングしながら
ちょっとでもお客様にお伝えしたい内容が盛り沢山でした。

 

講義中も朗らかな笑顔を絶やさないあやさんが、数少ないバースドゥーラとして
活躍されているのも納得!のお人柄でした。
貴重な講義をありがとうございました!

 

萩野あやさんのブログでも、今日の講座の内容を紹介してくださっています!

あやさんのブログはコチラ

https://mamasmamadoula.wordpress.com/2017/06/01/170601/