「レシピのない」料理教室その2 午前の部「味のベースをつくる台所調味料」

こんにちは。産後プランニングサービス株式会社のスタッフ徳井です。

先週火曜日、森本桃世さんの料理講座「レシピのない料理教室」が池袋イケビズにて、開催されました。今回午前はなんと満員御礼!桃世さんの人気が口コミで広がり、大変嬉しいです!

 

午前のテーマは、桃世さんがこだわる『天然醸造』の調味料についてでした。

 

味のベースを作る大事な調味料。素材に味をつける、というよりはベースとなる味付けや調味料の組合せを考え、そこに素材が入るといった考えが桃世さんのお料理です。
ここで大事なポイントは、多少単価が高くなっても、良い材料で作られた調味料はそれだけで十分深い味・旨味を持っているということ。なので、あれこれ調味料を混ぜ合わせる必要がないため、厳選された本物の調味料に少しのアレンジを加えるだけで、味のバリエーションが無限に広がるのです。結果、調味料にかける総額はそれほど変わらなくなるのだとか。どこの家庭でも、キッチンに使いかけの合成調味料、いっぱい眠らせていますよね?(我が家にもあります💦)

今回の講座では、味噌、醤油、みりん、酢などそれぞれの調味料の特徴と使い方のおさらいをしつつ(本格的なカタイ内容(笑)でも桃世さんの説明だと楽しい!)、基本的な調味料や塩麴にスパイスやハーブなどを組み合わせたオリジナルの調味料作成のヒントと、それらを使ったお料理を最後に作っていただきました。

 

個人的に、味と香りの意外性がスゴイ!と思ったのは、特製のスパイスしょう油。見た目は普通のきんぴらごぼうなのに、味付けもノーマルなしょう油味なのに、香りが全然違って全体の味がエスニックになるという不思議な感覚。

 

他にも、麹の風味にまだ慣れず、塩麴味が苦手なわが家の子どもたちにウケそう!と思ったのが、バジルをメインに各種ハーブとにんにくを刻んで塩麴に混ぜた欧風ハーブ塩麴、作っておくと便利そうな南蛮酢など、とにかくベースができていれば後は素材を漬け込むなり焼いてからめるなりするだけ、本当にレシピいらずの魔法みたいなオリジナル調味料でした!

実際に桃世さんが最後に作ったお料理の時間は1時間足らず。それで主菜・副菜合わせて7品があっというまにできてしまうのです。見るたびに桃世さんのお料理マジックの世界に感動してしまいます。さらに、桃世さんのお料理ぶっちゃけトークも炸裂して、面白いことこのうえナシ!
こんなに楽しい料理講座もあるんだなぁと毎回感心しきりです。
ご興味を持たれた方、12月にもまた桃世さんのスペシャル講座がありますよーー!!

料理の基本講座に加え、これからのシーズンに嬉しい桃世さんお得意のお肉料理の世界、のぞいてみてはいかがでしょうか?

 

お申込みはこちらから!

●12月料理講座『調理法と切り方講座』『お肉の話とクリスマス料理講座

→ https://coubic.com/momcrew/129431